​ホテルや観光地での導入

宿泊客や観光客の「ちょっとそこまで」を叶える電動モビリティ。

ECO mobiなら、IoTを活用してオリジナルのモビリティレンタルサービスをお手軽に導入できます。

更にワイヤレス充電スタンドと組み合わせれば、充電の手間無くいつでもバッテリーは準備OK。

事業者にもユーザーにもストレスを感じさせない無人レンタルシステムが導入できます。

​公園、遊園地などでの導入

広い園内を徒歩で移動・・・。健康のためには良いですが、

たまには気分を変えて、電動モビリティをアクティビティとして導入しましょう。

オアシスモビリティポートで発電した電力を電動モビリティに充電すれば、さらにECOでクリーン、

園内のより良い環境づくりにも役立ちます。

​キャンパス、工場団地での導入

もちろん、学内や工場の敷地内でも電動モビリティでの移動はとても役に立ちますが、それだけではありません。

オアシスモビリティポートに併設された蓄電システムは、

太陽光で発電した電気を蓄えて、災害などによる停電時でも非常電源として活躍します。

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Facebook
  • Instagram